プロフィール

physicaldesign

Author:physicaldesign
Physical-Designでは、加圧トレーニングを始めストレッチポールを使ったコアコンディショニングも行っております。

上級加圧トレーニングインストラクター
(加圧マスター・筋力アップクンEX)
柔道整復師
NSCA-CPT レベル1
日本コアコンディショニング協会 アドバンソトトレーナー
SAQインストラクター レベル1
TRXインストラクター
PHIピラティスインストラクター
日本ライフセービング協会認定CPR+AED

 
メールフォーム
加圧トレーニングに関する質問および予約関しては下記に必要事項を記入して連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブログランキング
よろしければポチっと一押しお願いします!!
 
FC2カウンター
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
完敗です


というよりもレベルの違いがありすぎです。


選手は気づいたものの、ミーティングでの反省会では


まったく悔しさを感じられませんでした


完全なるフィジカル面の差です。


速攻の速さはまったく足元にも及んでいません。


それなのにミーティングでは


「あいつら速攻すごいなぁ」


・・・・・・・


それって小学生の読書感想文の


「この本はすごく面白かったです」


ってのようにただの感想です


それで練習でどう対処するか?


反省すべきは何か?


ミーティングのに一部の選手と話しましたが


中心選手が気づいていなく下級生が気づくようでしたら


まるではだかの王様のようなもんです


以前から話しているのですが、今の状況では


テクニックのみでは勝てるチームではないのです。


ウェイトトレーニングは必要なしということでまったくしていません。


ウェイトトレーニングで技術が向上するわけではないですが


すべての基礎です。


今日も簡単に弾き飛ばされていたし


ジャンプ力でも劣っているため


シュートしてもまったく相手の上から打つことは出来ていません。


今日、話できた学生と今後話していかないと


下位クラス常連校もしくは入れ替え戦に陥ってしまいそうです


選手主体ではありますが


やはり、彼らが出来ていない部分は


コーチ、トレーナーがちゃんと前に出て指導していくべきです。


本当はもっとやりたいことがあるのですが


チームの方針なんで今までは黙ってましたが


そう入ってられない状況です


ほんと重症です。


FC2ランキングに登録しています。
一押しお願いします!!



こちらもよろしく!!
にほんブログ村 その他スポーツブログ トレーニングへ


にほんブログ村 その他スポーツブログ パーソナルトレーナーへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
2009/09/22(火) 19:21 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

ブログ内検索
 
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
最近のトラックバック
 
QRコード
QR
 
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。