プロフィール

physicaldesign

Author:physicaldesign
Physical-Designでは、加圧トレーニングを始めストレッチポールを使ったコアコンディショニングも行っております。

上級加圧トレーニングインストラクター
(加圧マスター・筋力アップクンEX)
柔道整復師
NSCA-CPT レベル1
日本コアコンディショニング協会 アドバンソトトレーナー
SAQインストラクター レベル1
TRXインストラクター
PHIピラティスインストラクター
日本ライフセービング協会認定CPR+AED

 
メールフォーム
加圧トレーニングに関する質問および予約関しては下記に必要事項を記入して連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブログランキング
よろしければポチっと一押しお願いします!!
 
FC2カウンター
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |

今日は朝から


PHIピラティスブラッシュアップセミナー


参加してきました。


今日の内容は


午前 

PHI ピラティス マットレッスンとマットレッスンのプログラミング方法例



午後 

PMA(Pilates Method Alliance)を基準としたピラティスのティーチングスキル



でした。


午前の内容はPHIピラティスのグループレッスンにおける


レッスンの進行方法、キューイング、エクササイズの構成例などの


話でした。現在、ピラティスをひとつのメニューとしては


さまざまな理由により、表立って宣伝しておりません。


いずれ、少人数でのピラティスを開催する予定ではありますので


今回の内容はかなり自分にとって得るものがありました。


ピラティスに関しては現在、加圧の後のトレーニングの中に


取り入れたりしてますが


ぜひ、ちゃんとしたピラティスコースを開始していきたいと思います


午後からの講習内容は


ピラティスのアメリカ政府認定非営利団体であるPMAの定めるティーチングスキル


に関しての内容でした。


PMAとは


Pilates Method Allianceの略で


ピラティスの指導者の国際的な資格、教育基準を設定している


唯一の非営利組織です。


今回の内容はPMAによる国際基準となる内容で


全世界共通のティーチングスキルになります。


基本は今までPHIピラティスの講習や養成コースで


聞いてきた内容でしたので


ある意味、PHIピラティスはPMA基準にのっとった


内容であるということですね。


明日からのピラティスに活用していきます!!


FC2ランキングに登録しています。
一押しお願いします!!



こちらもよろしく!!
にほんブログ村 その他スポーツブログ トレーニングへ


にほんブログ村 その他スポーツブログ パーソナルトレーナーへ
にほんブログ村

スポンサーサイト
2009/04/19(日) 22:00 | コメント:0 | トラックバック:0 |
コメント
コメントを投稿
名前
タイトル
メール
URL
コメント
パスワード
管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
 

この記事にトラックバックする (FC2 blog user only!)
 
この記事へのトラックバック
 

ブログ内検索
 
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
 
最近のトラックバック
 
QRコード
QR
 
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。