プロフィール

physicaldesign

Author:physicaldesign
Physical-Designでは、加圧トレーニングを始めストレッチポールを使ったコアコンディショニングも行っております。

上級加圧トレーニングインストラクター
(加圧マスター・筋力アップクンEX)
柔道整復師
NSCA-CPT レベル1
日本コアコンディショニング協会 アドバンソトトレーナー
SAQインストラクター レベル1
TRXインストラクター
PHIピラティスインストラクター
日本ライフセービング協会認定CPR+AED

 
メールフォーム
加圧トレーニングに関する質問および予約関しては下記に必要事項を記入して連絡ください。

名前:
メール:
件名:
本文:

 
ブログランキング
よろしければポチっと一押しお願いします!!
 
FC2カウンター
 
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:-- |
今年も今日で終わり。この時期になるとあっという間の一年だったなあと感じます。
今年は自分にとっていろいろあった年でした。大学でのトレーナー活動をはじめ、この世界に飛び込んだ時の夢の一部を実現できた年でした。ただ、まだ始まったばかりでまだまだやりたいことがたくさんあります。来年は、更なる飛躍と日々充実した一年を過ごしたいなあと考えてます。
加圧トレーニングに関してはPhysical-Designとして本格的に活動する年になるかと思いますので皆様よろしくお願いいたします。

スポンサーサイト
2007/12/31(月) 22:54 | コメント:0 | トラックバック:0 |
早いもので今日、36歳を迎えました。
まわりの36歳ってどんなもんだろうっていつも思います。
卒業して、しばらくはサラリーマンをして、思い切ってこのトレーナー業に飛び込んだのが26歳のとき。
あれから10年。この世界ではまだまだひよこですが、いい年齢にはなっちゃいました。ただ、いろいろな仕事を経験してきましたが、そのときに苦しんだことも今となっては十分仕事に活かされています。これはトレーナー業以前のサラリーマンのときに得た経験もそうで、どちらかというとその時の苦しみや先輩に教わったことが今の自分に大きく影響しているような気がします。
今後の日々の経験も無駄にはならないはずです。ただ、それは何年かしてから気づくもんなんでしょうね。

また明日からがんばります!!
2007/12/30(日) 18:53 | コメント:0 | トラックバック:0 |
今日、JATI主催の第2回トレーニング指導者研修・交流会に参加してきました。
場所は京都のキャンパスプラザ京都で、会場に入るとたくさんの参加者に驚きました。
設立して2年ですが、多くの指導者がJATIへ期待していることがわかりました。

今回のテーマは「トレーニング指導の常識を疑え」が総合テーマで、招待講演が午前中に行われた後、午後からは3つの部屋に分かれて研修会が2コマと分科会・交流会が1コマ行われました。
今回の研修会で気づいたことはやはり、習慣化されていることが常識のように行われていることに流されていることなく常に疑問を持つ必要があるなあと思いました。
また、たとえ自分の行っている指導内容が今までの常識から外れて他人から見て変に思われても、他人の目を気にせず自信を持って指導する必要があるように思えました。明らかに危険な指導はだめですが・・・

初めてJATIの研修会に参加しましたが、久々にいいセミナーを受けました。年末年始で仕事はお休みになりますが、今回の研修会を十分いかして来年からの指導に活かして生きたいなあと思う一日でした。
2007/12/23(日) 23:05 | コメント:0 | トラックバック:0 |
今日は加圧トレーニングの効果の一つである、ダイエットに関して書きたいと思います。

まず、加圧トレーニングするだけでダイエットできるわけではありません。簡単なメカニズムは下記のとおり

1.加圧トレーニングによって速筋が働き、老廃物である乳酸が蓄積する。

2.乳酸がたまると、感覚神経がそれを察知して、脳の視床下部という部分に信号を送る。視床下部はさらに脳下垂体というところに成長ホルモンを分泌させるように指令を送ります。

3.加圧トレーニング後に血中に含まれる成長ホルモンを計測すると、通常のトレーニング時の約10倍、安静時の約290倍にもなっていた。成長ホルモンは「若返りホルモン」とも呼ばれています.

4.成長ホルモンは、中性脂肪を脂肪酸とグリセロールに分解する効果がある。これによって体脂肪を減らす効果が期待されています

以上のように、加圧トレーニングをすることにより、成長ホルモンが大量に分泌され脂肪を燃焼させる効果が高まるのです。また、加圧トレーニング後約15分くらいで成長ホルモンの分泌はピークに達し、約1時間後に成長ホルモンによる脂肪分解が開始されると報告されています。よって、加圧トレーニングだけでなくトレーニング後に有酸素トレーニングを行うことによってより脂肪を燃焼させやすくなります。

加圧トレーニングのダイエット効果といううたい文句が一人歩きして、ただ加圧すればダイエットできると思われている方が多くいますが、やはり世の中簡単にダイエットはできないと思います。

努力なければ効果無し!!

詳しくは体験コース受講した際にお話ししますね!


2007/12/18(火) 15:51 | コメント:0 | トラックバック:0 |
今日は少し詳しく加圧トレーニングの効果について書きます

今回の話は筋力アップについてです。
筋力アップのメカニズムについて簡単に書くと下記の通りです

 人間には「遅筋」と「速筋」の2種類の筋肉があり、筋肉を大きくする際にはその「速筋」を鍛える必要があります。ただ、通常、トレーニングを行うと「遅筋」繊維から働き始めるため、「速筋」を働かせるためには大きな負荷が必要です。そこで、加圧トレーニングの出番です。
腕、もしくはふとももの付け根を専用のベルトを巻き、適度な圧(適正圧)を加えることによって、血流を制限(止血ではないですよ)し、そのことによって軽い負荷でも「速筋」が働きだすのです。筋力のない方はおもりを持たなくても十分効果はでてきます。

軽い負荷で行うことができるので、高齢者の転倒予防のための下肢のトレーニングにも使われ始めています。

簡単に書きましたが、加圧トレーニング本部のサイト(こちら)も参考にしてください。

次回はダイエット・若返りについて書きたいと思います
2007/12/17(月) 14:45 | コメント:0 | トラックバック:0 |
今日はスキー・ボードの展示会に行って来ました。
今は、どのイベントいってもほとんどがボードばっか
スキー派としては悲しいもんです・・・とはいえ数年前までボード派でしたけどね。

まあ、今回はウエアを買いにいきましたが、早く滑りたいもんです。スキー場の情報サイトをみるとボチボチ降ってきてるみたいやけどまだまだ全面滑走まではいかないみたい・・・
学生時代、スキー部に所属してたけどその頃はもう今の時期はどこでも十分
積もっていたもんで、すでに雪山に合宿してました。やはり温暖化のせいなのかな・・・

シーズンに向けてトレーニングも続けておかなければ
!!
2007/12/16(日) 14:44 | コメント:0 | トラックバック:0 |
Physical-Designは加圧トレーニングを取り入れて、みなさまの健康増進をサポートいたします。

今回、初ブログとしまして、加圧トレーニングについて取り上げたいと思います

加圧トレーニングとは文字通り圧力を加えた状態でするトレーニングのことです。
腕の付け根と脚の付け根に適正な圧力をかけて血流を制限します。この状態でトレーニングをすると、
少ない負荷のトレーニングでも大きな効果が得られるのです。

加圧トレーニングの効果としましては
  1.筋力アップ
 2.ダイエット
 3.怪我からの回復力のアップ
 4.血行促進
 5.免疫力アップ
 6.高齢者の方の寝たきり防止

などがあります。

さらに詳しくは今後、少しずつ取り上げていきますね。

まずは、百聞は一見にしかず! 加圧トレーニング体験コースを受けてみてください。
衝撃の体験かもしれませんよ!!
2007/12/14(金) 12:18 | コメント:0 | トラックバック:0 |
ブログ内検索
 
カレンダー
12 | 2007/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
最近のトラックバック
 
QRコード
QR
 
ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。